離婚相談、離婚協議書作成、離婚公正証書、慰謝料・養育費の請求で 全国対応の離婚問題解決サイトです。
    トップページ  |  事務所のご案内  |  サービスと料金  |  お問い合わせ  |  お申し込み 
離婚養育費相談オフィス母親と子供を同じ姓と戸籍にするには
   母親と子供を同じ姓と戸籍にするには
あなたも「離婚をしたので旧姓に戻った」という話を聞いたことがあるのではないでしょうか?ここでは、離婚した後の姓(名字)や戸籍のこと、
子供の姓(名字)や戸籍のことを説明いたします。

    ●母親と子供を同じ名字(姓)と戸籍にするには?

    結婚している間、夫婦とその子供は、夫・妻・子でひとつの戸籍に入っています。
    離婚すると筆頭者でない側(結婚で姓を変更した側)が別の戸籍に入り、姓(名字)も旧姓
    にもどることになります。
    
    たとえば、夫が筆頭者だった場合、元夫・子の戸籍元妻の戸籍の2つの戸籍になり、元
    妻は旧姓にもどります。
    
    ここで問題になるのが、母親が親権者となって子供を育てるケースです。
    なぜならば、実際に子供を育てるのは母親なのに、子供は元夫の戸籍に入ったままで、
    しかも、子供の姓(名字)と母親の姓(名字)が別々になってしまうからです。

    
    では、子供を母親と同じ戸籍にし、姓(名字)も母親と同じにするにはどうすればいいので
    しょうか?それには、次の2つの手続が必要になります。
    
      1.「子の氏の変更許可申立書」の家庭裁判所への提出
      2.「入籍届」の役所への提出


    つまり、家庭裁判所から子供の氏(名字)を変更する許可をもらい、その後、役所(市町村
    役場)で子供を母親の戸籍に入れる手続をするのです。
    
    この2つの手続きによって、子供と母親を同じ姓(名字)と戸籍にすることができます。



 
   ●子の氏の変更許可の申し立て
     
     【提出する人】
      離婚届を提出する際に選択した親権者
      (親権者を父とした場合は父(夫)が届出人となります。(裁判所・役所のどちらも)

     【裁判所へ持っていくもの】
      ・ 子の氏の変更申立書
      ・ 子の父の戸籍謄本と母の戸籍謄本
      ・ 入籍届
      ・ 印鑑
      ・ 身分証明書
 
 
    ●入籍届
     
     【提出する人】
      離婚届を提出する際に選択した親権者

     【提出する場所】
      届出人の所在地(住んでいる場所)または本籍地の役所

     【提出期限】
      入籍する日(期限などはありません)

     【持っていくもの】
      ・ 入籍届
      ・ 本籍地以外の役所に届出をする場合は戸籍謄本1通
      ・ 家庭裁判所の変更許可の審判書
      ・ 届出人の印(認印)
      ・ 身分証明書


              「離婚養育費相談オフィス」 運営事務所 行政書士よつば総合事務所
                  〒385-0022 長野県佐久市岩村田1335-3-101 TEL 0267-65-8826 
            
                    CopyRight(C)2008 行政書士よつば総合事務所 All Right Reserved