離婚相談、離婚協議書作成、離婚公正証書、慰謝料・養育費の請求 全国対応の離婚問題解決サイトです。
    トップページ  |  事務所のご案内  |  サービスと料金  |  お問い合わせ  |  お申し込み 
離婚養育費相談オフィス>離婚前の姓を名のるには
   離婚前の姓を名のるには
「仕事の関係上、婚姻中の姓で通したい」という場合はどうすれば
いいのでしょうか?ここでは、婚姻中の姓を名のるための手続きに
ついて説明いたします。

    結婚によって姓を変更した側は、離婚によって結婚前の名前に戻るのが原則です。
    たとえば、山下花子さんが中田太郎さんと結婚して中田花子さんになった場合、離婚する
    と通常は中田花子さんから山下花子さんに戻ります。

    しかし、
    「離婚したことを周囲の人に知られたくない」
    「仕事の関係上、婚姻中の名前で通したい」
    などの事情がある場合は、婚姻中の姓を名のりたいという方もいらっしゃると思います。
   
    このような場合は、「離婚の際に称していた氏を称する届を提出します。


   ●離婚の際に称していた氏を称する届
    「離婚の際に称していた氏を称する届」とは、簡単に言うと「離婚しても旧姓に戻りません」
    という宣言書のことです。

    【書類を提出する人】
    
離婚によって名前がもとに戻る人(普通は女性ですね)

    【提出場所】
     ・ 名前がもとに戻る人の住所地の役所(住民票がとれる役所)
     ・ 名前がもとに戻る人の本籍地(住民票のある場所とは違うこともあります)

    【届出期間】
     離婚の日から3ヶ月以内 (期限に注意!)
 

    【持っていくもの】
    
・ 印鑑(認印)
     ・ 戸籍謄本1通(本籍地の役所以外に届出をする場合)
     ・ 国民健康保険証(加入者のみ)
     ・ 身分証明書

 
    
【注意!】
     一度この宣言書を出すと簡単には旧姓に戻すことはできません。いったん宣言書
     を出したら旧姓に戻すのは大変です。旧姓が良いのか、婚姻中の姓が良いのか
     慎重に検討してください。


            「離婚養育費相談オフィス」 運営事務所 行政書士よつば総合事務所
               〒385-0022 長野県佐久市岩村田1335-3-101 TEL 0267-65-8826
              
                  CopyRight(C)2008 行政書士よつば総合事務所 All Right Reserved